数学と絵付けの共通点

「この作品を描くには まずどこから始めたら良いですか?」

その答えは ひとつとは限らないのが、ポーセリンペインティングの奥深さ。
同じ作品を仕上げるのに何通りかの手法があり、
それはまるで ひとつの答えに辿り着くのに何通りもの解き方がある数学のよう。
どの道を通っても たとえ回り道したとしても
ちゃんと正解に辿り着く。
そこがまた面白く かつて数学好きだった私の探究心をくすぐる。

f0060585_21130640.jpg

例えばこのクレッセントの夏色皿や 春色リースのお皿。
ペンワークの得意な方、できるだけ筆で描きたい方
など 生徒さんそれぞれに合った手法を柔軟に提案できるよう努めています。

そして 数学との決定的な違いは 『答えもひとつとは限らない』こと!
同じゴールを目指しても 筆のタッチや色合いの好みは人それぞれ。
自分がトキメク作品に仕上がったなら それは正解なのです♪


♣︎ ♣︎ ♣︎ ポーセリンサロン nicotto ♣︎ ♣︎ ♣︎

[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2015-07-21 22:00 | Gallerie~講師作品集

カフェみたいな絵付け教室 ポーセリンサロン nicotto 主宰。自分色で彩る暮らし 時々花あそび


by 香緒里
プロフィールを見る