フランスと私の縁。

学生時代からナゼかフランスに強く惹きつけられる私。f0060585_851290.jpg
大学3年夏、親の反対を押し切って決意した短期語学留学。
行き先は南仏のニース。
はじめての海外。はじめての1人旅。
国内ですら1人旅なんてしたことのない私が
思い切ったものです(笑)

見る物全てが驚きと感動の連続ですっかりフランスの虜に。
翌年夏、高校時代の仲間と旅したアメリカから
そのまま独りパリに飛び、今度はパリで短期留学。
その後OLとなり、貯めたお金でリヨン短期留学。

フランス人の日本人に対する冷たい態度に嫌な思いを
したりもしたけれど、それでもリピートしてしまうフランス。
そして今、そのお隣の国で暮らし、こうしてフランス語を話している日々。

f0060585_955589.jpg私をフランスの虜にさせた南仏に 
こうして13年後 また来ることができて本当に良かった!
あれから色々な海外を旅し、色々な街を歩いたけれど
やっぱり南仏は私の記憶の中にあった特別なモノのまま
色褪せていなかった!

そんな私は これからもずぅーっと 
フランス愛好家で居ることでしょう。
[PR]
Commented by 桑山直子 at 2006-08-30 01:00 x
フランス。私は大学2年の夏に行って以来、行ってないな~。
その時ホームステイ先のマダムに教えてもらったキッシュは12年経った今でもたまに作ります。そしてその味は確実に息子の舌に伝授されております。何だか不思議な感じ。
自分が昔行ったところに子供を連れて再び訪れるのって素敵だね。
私も子供たちを連れて行ってみたいな。
Commented by nico at 2006-08-30 18:27 x
なお。→初コメントありがとう!
2年の夏って、あのシューベルト引率の、だよね?シューベルト・・・懐かしい~。
私もキッシュは好きでよく作るよ。
日本に帰ったら、お互い子連れで会いたいねー。
Commented by なお at 2006-08-30 21:19 x
そうです、そうです。シューベルトの旅。
イタリアでは一日中歩かされ、毎晩足つりました~。
にこちゃんの日記、少しずつ読ませてもらってるよ。
海外生活、前向きに楽しんでるので感心してます。
私もお料理大好きなので、参考にさせてもらうわね。
日本に帰ったら是非会いたいわ!!!
Commented by nico at 2006-09-03 23:36 x
なお。→シューベルトはタフだからね~。
私もゼミ合宿で御岳山登らされ、しんどかった~。^^;
子供連れの海外生活、もちろん苦労もあるけれど、今しかできない体験を色々させてもらって楽しんます♪
Commented by すがこ at 2006-09-17 00:13 x
にこちゃんとのフランス旅行が走馬灯のようによみがえりました。

スーツケースも置けないダブルベッドでいっぱいいっぱいの小さな部屋に、それでも雰囲気がばっちりかわいくて楽しかったパリの夜。
私の誕生日を祝ったディジョンのワインと初めて食べたカタツムリ。
バカンス時期を過ぎた南仏のグリーンの海と落ち着いたたたずまい。
故障で遅れがちだったTGV、何度食べたかわからないクロックムッシュ。
途中出会った白髪の老人達を見て、「私達もあのぐらいの年齢になっても必ず一緒に旅行しよう!」と話し合った夜。
随分昔の話だけど、とっても懐かしいな。

もうすぐ私の誕生日ですが、それはにこちゃんとのフランス旅行の記念日でもあり、にこちゃんの結婚記念日ですね。
お互いに生活は激変していますが、幸せいっぱいでなによりです。

なんだか不思議な温かい気持ちになりましたよ。(私事で長々とすみません。)
Commented by nico at 2006-09-17 07:22 x
すがちゃん。→嬉しくて懐かしいコメント、ありがとう!!
はるばる日本から 私の留学先に来てくれたすがちゃんを
すっかり私の貧乏旅行につき合わせてしまって・・・^^;
でも それはそれで かけがえのない素敵な思い出となっているよね♪
パリのオペラ座近くの小さな小さなホテルで見たテレビとか・・・(覚えてる?^-^)

来週は私達にとってスペシャルな日だね。
お互いの子供達が大きくなって、私たちがおばあちゃんになったとき
また必ず一緒に旅行しようね!
Commented at 2006-09-18 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by Coeur-de-Lyon | 2006-08-27 23:36 | 旅のおはなし | Comments(7)

カフェみたいな絵付け教室 ポーセリンサロン nicotto 主宰。自分色で彩る暮らし 時々花あそび


by 香緒里
プロフィールを見る