お城での結婚式

f0060585_21104419.jpg先々週末のおはなし。
知人(ベルギー人)の結婚式に夫婦で招待されました。
まずはガーデンのテラス席でシャンパンを飲みつつ
次から次へと出てくるアミューズを愉しみ、数時間後 館内へ。
ステキな内装の部屋に案内され、そこからコース料理が次々と・・・




f0060585_2125763.jpg
12歳以下の子供は参加不可でしたので
娘は仲良しの友達の家で預かってもらうことに。
マム抜きでお友達の家に行くのは初めて。友達と2人だけで
お風呂に入ったりして Ricoにとっても楽しい体験になったよう。
その関係で 私達は21時半に早退。(前菜3皿目がギリギリ)f0060585_2127587.jpg
その後は・・・
 22時。前菜4皿目。
 22時半。サプライズで新郎新婦によるダンスの披露☆
 23時。メインディナー。
 深夜0時。デザートビュッフェ。(食べたかった・・・。>_<)

17時の開宴から深夜までずっと食べて飲んで
宴はナント深夜3時過ぎまで続いたようです。
スピーチや余興も無く、親族や友達との食事や会話を楽しむスタイルで、
日本の結婚式や披露宴とは随分異なる ヨーロッパの結婚パーティー。
貴重な体験になりました。
[PR]
Commented by at 2007-07-12 19:12 x
私も現地の人の結婚式らしきものに一回いったことがあるよ。
ほんと会話を楽しむという感じで、日本とは大きく違ってびっくりでした。
それにしても、お城で結婚式なんてロマンティックだよね~。
Commented by nico at 2007-07-13 05:59 x
Yちゃん。→Yちゃんもあるんだねー。
子連れ不可と言われたときは 断ろうかと思ったけど、
LyonもSちゃん家に預かってもらえて、とても楽しく過ごせたようで、
行ってヨカッタです。

英語とオランダ語とドイツ語とフランス語が飛び交うパーティーでした。^^;
by Coeur-de-Lyon | 2007-07-11 21:53 | スペシャル☆な一日 | Comments(2)

自分色で彩る暮らしを愉しむポーセリンサロン nicotto 主宰。chocottoのがんばりとPetit Happyをつみかさねたら 毎日はきっともっとウレシイ。手仕事大好きなnicoの自宅絵付け教室とウレシイをさがす毎日。 Instagram: nicotto_kaori


by 香緒里
プロフィールを見る