カテゴリ:旅のおはなし( 77 )

アムス de 花浴 sanpo

義両親が日本から遊びに来てくれました。

f0060585_22494286.jpg

まずはアムステルダムへ。
シンゲルの花市を散歩。
降ってくるように吊るされたドライフラワー。圧巻!
森林浴ならぬ 花浴。
f0060585_22521126.jpg


f0060585_22505996.jpg
 フレッシュなリース。
 なんとたったの5ユーロ!


 花浴の想い出に
 大好きなヒヤシンスの球根を4つ買いました。
 Ricoセレクトの4色。
 どの色がイチバンに咲くか お楽しみ。


f0060585_22524574.jpg

アムスに来たらお約束。の FEBOの自販機コロッケ。↑
むむむ、オランダ語表記only ・ ・ ・ いつも勘でセレクト。

f0060585_22532054.jpg

ショーウィンドーには 秋を感じるハリネズミケーキ。
もったいなくて 食べられないョ。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-11-03 14:43 | 旅のおはなし | Comments(6)

ブルゴーニュ de 葡萄酒三昧 sanpo

天気予報でゆるぎないお日様マークが2つ並んだ
10月の週末のおはなし。
車を走らせてフランスのブルゴーニュ地方を旅してきました。

f0060585_175630.jpg


ワイン街道をマイカーで走る・・・
わが家のイチバン好きなドライブコース。
中でもこの地方のCote d'Or(黄金の丘)と言われる丘陵地帯は
細分化された畑が それぞれ様々な色を作り出す
絵の具のパレットのような世界。

f0060585_176510.jpg
f0060585_1762951.jpg




特級の葡萄畑をガシガシ歩き、ブドウ浴した想い出。
「おいしいねー☆」と何度もグラスを合わせた至福のトキ。

f0060585_1771055.jpg
帰りは 白ワインで有名なシャブリに立ち寄り
おしゃれなカーブで夢のような試飲を愉しむ。
あ~ シアワセ♪



目に焼き付けた あの光景と あの時間。
私の心の宝箱にしまわれた このステキな想い出は
きっと ブルゴーニュワインを飲む度に 箱から飛び出し
最高級の Happy を届けてくれることでしょう。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-10-22 10:32 | 旅のおはなし | Comments(6)

夕陽に染まる サントリーニ編。

f0060585_17563853.jpg

 絵の中に溶け込んだような
 空想の世界に迷い込んだような
 長い なが~い夢を見ているような・・・
 そんな不思議な感覚。


レンタカーで島内を走り 黒砂のビーチや、昔は島の中心だったペリゴスという丘上の町に足をのばしたり。

f0060585_17511235.jpg

「ユメがかなった!
やねのうえでゴロンするのユメだったんだ。」by Rico

f0060585_17524862.jpg

イアの夕陽を皆で見送るセレモニーもこの島の名物。
集まる人・ヒト!f0060585_17594741.jpg
夕陽が沈むと 湧き上がる拍手。
なんだろう この一体感。 幻想的で 不思議な島。

未だにサントリーニ島の夢を見るくらい
印象的な旅でした。
すばらしい絶景を目とココロに しっかり焼き付けて
これからの糧にしよう。

f0060585_184371.jpg


いつまでも この長い夢から醒めませんように・・・

夢の島での出会い
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-25 10:55 | 旅のおはなし | Comments(16)

エーゲ海に溶け込む ミコノス編。

f0060585_19342072.jpg


f0060585_19363958.jpg
まずはミコノス島のおはなし。
嘘みたいに真っ青なエーゲ海を眺めながらとる朝食。
そのあと ホテルの3人乗りブランコで
海を眺めながら のんびりゆらゆら・・・
それが 毎朝の日課。

ときどき空と海の青を見て目を休めたくなるほど
白が眩しい ミコノスタウン。
迷路のような小道を どんどん進むのが楽しい。
ほんとうに迷子になりかけました。)


f0060585_19371491.jpg  
  ラフな塗りで仕上げている 青いドアや
  かわいいメニューにときめき
  歩き疲れたら お土産屋さんでハンターと化す。

f0060585_1939890.jpg

旅の初日。 カワイイかごを買いました。
自分用と 娘用。
2つ合わせて25ユーロ。安っ。
f0060585_19415814.jpg

空を泳いでいるような 心地よいプール。
風車を見ながらの海。
火照ったカラダを冷やした頃 やわらかい夕陽に包まれる。

f0060585_19445942.jpg

南の島で見る夕陽は なんでこんなにもやわらかいんだろう。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-21 12:28 | 旅のおはなし | Comments(10)

おいしいだらけのギリシャ旅

f0060585_2248455.jpg10年ほど前。「いつかハネムーンで行くぞ!」 と心に決めたほど憧れたギリシャのミコノス&サントリーニ島。
ついに行ってきました!

2000枚(!)の写真と想い出に 包まれて
思いきり 旅の余韻に浸っています。
夢のような旅のおはなしは またゆっくりと。
まずは ギリシャのおいしい話。
f0060585_22505377.jpg

f0060585_22502960.jpg食事のとにかくおいしいこと!これはウレシイ誤算。
野菜もシーフードも新鮮で バリエーションも豊富!
味付けの感覚も日本人好みで 
飽きるどころか まだまだ食べ続けたいくらい。
ワインも地酒も どこの何を飲んでもおいしい!

食前酒のウゾ。これまたウマイのです。

f0060585_22525128.jpg
サントリーニ島では ワイナリーを訪問。
エーゲ海を眺めながら地ワインとチーズを愉しめるなんて
夢のよう。試飲だから きっと小さいグラスだろう、と
12杯の試飲セットを注文した私達。
まさか 普通のグラスワインサイズで出てくるとは!

f0060585_22544228.jpg

でも どれもそれぞれ美味しくて すっかり飲み干したのでした。ブイv(^u^)v

ギリシャ人は虹を知らない?
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-18 15:56 | 旅のおはなし | Comments(26)

ベルギ~南端の村でビールもワインも愉しむの巻。

お日様が味方してくれた 先々週の日曜日のおはなし。
私がこの国に来たばかりの頃ハマったトラピストビール
Orval。そのビールの村へ行ってきました。

f0060585_2121024.jpg古い修道院跡は 大きな迷路のよう。
迷路好きのRico もちろん大はしゃぎ!

f0060585_2132239.jpg


修道院を堪能した後は隣のブラッスリーでランチタイム。
私はココでしか飲めないという修道士用のアルコール度数の低いタイプを。ダディはいつものオルヴァルを。
どちらも美味しいのだけど・・・
やっぱりアルコール高い方がスキ。^^

f0060585_2162370.jpgビールを堪能した後もう少し足をのばして最南端の村トルニーへ。
花とワインの村、と言われるだけあり
どの家も 花にあふれた可愛らしい佇まい。
ゆっくり のんびり歩くだけで 癒される感じ。

f0060585_2183271.jpg

この村産ワインのDegustationができると聞いて
発泡酒と白ワイン、ロゼワインの3種を試飲。f0060585_21105061.jpg

どれも おいっすぃ~☆
迷ったあげく、まだまだ散歩の途中だったので
白ワイン1本のみお買い上げ。

どの国も やっぱり南が好き。
のんびりした空気と 穏やかな笑顔の人々。
美味しいお酒を堪能して 心もカラダものどかな
1 day tripとなりました。(飲兵衛の方にオススメの旅プランです♪)
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-07-23 13:00 | 旅のおはなし | Comments(18)

中欧の旅2 オーストリア紀行

いよいよ来ました!オーストリア!
f0060585_20435521.jpg

f0060585_20445965.jpgザルツカンマーグートは正にサウンド・オブ・ミュージックの世界!
壮大で 雄大な絶景を思い切り堪能。
湖のほとりで野花を摘んだり 石投げしたり。
心も浄化されるよう。

『塩の城』と言われるザルツブルク。
岩塩鉱では老若男女みんな作業着に着替えて
スリル満点の滑り台も体験!
コワカッタ! でもタノシカッタ!
f0060585_2046455.jpg

f0060585_20471265.jpg

音楽とスイーツの都 ウィーン。
本場のザッハトルテに大満足。街を歩くだけで優雅な気分。
そこココで Ricoとダンス。(常に怪しい親子)

f0060585_20474176.jpg

ポケットに たくさんの旅のカケラと思い出を詰め込んで
ニコニコ笑顔で 「ありがとう!またいつかくるね!」
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-05-20 13:50 | 旅のおはなし | Comments(18)

中欧の旅1 ドイツの街道めぐり

楽しかった旅の思い出と 溢れるほどの写真に 
心地よく埋もれています。
f0060585_1934239.jpg
f0060585_194646.jpg
まずは ドイツの旅のおはなしから。
車でオーストリアに向かう途中、ドイツで足を停め
大きな町や小さな村に立ち寄り 木組みの家並みを散歩。
歩きつかれたら スタバを探す(!)

ファンタスティック街道を走行中、姿をあらわした鷹城にウットリ。
すがすがしい新緑と 黒い森との対比。
(ホントに黒いのです。)

f0060585_19144251.jpg
黄色い菜の花畑のカーペットを通り抜けるようにドライブ。
それはそれは 気持ちのよいドライブ。

ドイツと言えば ビール!
ピカピカの太陽にはキリリとしたドイツビールが最高☆
メニューだって こんなにカワイイ♪ ↓
f0060585_19151146.jpg

そして アルペン街道を通ってオーストリアへ!(つづく)
f0060585_1917451.jpg
          ドイツの小ベニス。↑
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-05-16 12:41 | 旅のおはなし | Comments(9)

雪のアムス

f0060585_20473272.jpg
週末。1泊でお隣の国オランダへ足をのばしてみる。
まずはアムステルダム。
夜には雪もパラつき、より一層情緒のある佇まいに。
なんだかこの街には雪がとても似合う。
車のBGMは マッキー。(笑)

f0060585_20483457.jpg
街で見かけたカワイイ姉妹。
ファッションや背格好が昔の私と姉を彷彿させ 
胸がキュンと。懐かしくて思わずパチリ。

f0060585_2052618.jpg

花市を散歩したあと見上げた 夜6時半の空。
美しくて なんだかウレシイ。

 


 

2日目は・・・
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-03-29 21:15 | 旅のおはなし | Comments(10)

世界遺産に住む友達の家へ。

快晴の日曜日。f0060585_2342864.jpg
前に遊びに来てくれたMちゃんファミリーから招待を受け 
隣町のルーヴァンへ。

まずは専属ガイドさんのように街を案内してもらいました。
ハンドメイドだという窓ガラスの美しいこと☆

f0060585_2362784.jpg住まいは世界遺産に指定されている地域の建物内。
それはそれは 想像を絶する素晴らしい環境!
車の乗り入れ禁止地域なので、
子供を石畳でのびのびと遊ばせることができるし、
果樹園に成る果物は食べ放題。
洗剤のCMのように洗濯物を ドドーンと干せちゃう大きな庭まであり。
テラスでビールを飲んでいると 
観光客に写真を撮られることがよくあるそう。
世界遺産に住むアジア人って たしかに不思議。^-^

ココに住んでみたい! nico の野望。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-02-22 14:58 | 旅のおはなし | Comments(9)

自分色で彩る暮らしを愉しむポーセリンサロン nicotto 主宰。chocottoのがんばりとPetit Happyをつみかさねたら 毎日はきっともっとウレシイ。手仕事大好きなnicoの自宅絵付け教室とウレシイをさがす毎日。 Instagram: nicotto_kaori


by 香緒里
プロフィールを見る