<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

咲いたサイタ

新学期。元気に始まっています。
f0060585_20531749.jpgWお弁当生活も はじまり ハジマリ。

f0060585_2055451.jpg

f0060585_2056434.jpg夏休みにRicoが学校から持ち帰ってきた朝顔。
バカンスで不在中も 枯れることなく
グングン グングン伸びて
ツルは 3Mを軽く超えてしまうほど。
学校にはとても持っていけないので家で観察を楽しむことに。

今朝、3つめの花が咲きました。
すっきりと美しいブルー。
たったの1日で枯れてしまう儚い命だから
1つ1つの花の美しい瞬間を
娘と一緒に しっかり心に留めていきたいです。


咲いてくれた花に「アリガトウ。」
まだまだスタンバイしている蕾たちには「ヨロシクネ。」
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-28 21:17 | ガーデニング | Comments(14)

夕陽に染まる サントリーニ編。

f0060585_17563853.jpg

 絵の中に溶け込んだような
 空想の世界に迷い込んだような
 長い なが~い夢を見ているような・・・
 そんな不思議な感覚。


レンタカーで島内を走り 黒砂のビーチや、昔は島の中心だったペリゴスという丘上の町に足をのばしたり。

f0060585_17511235.jpg

「ユメがかなった!
やねのうえでゴロンするのユメだったんだ。」by Rico

f0060585_17524862.jpg

イアの夕陽を皆で見送るセレモニーもこの島の名物。
集まる人・ヒト!f0060585_17594741.jpg
夕陽が沈むと 湧き上がる拍手。
なんだろう この一体感。 幻想的で 不思議な島。

未だにサントリーニ島の夢を見るくらい
印象的な旅でした。
すばらしい絶景を目とココロに しっかり焼き付けて
これからの糧にしよう。

f0060585_184371.jpg


いつまでも この長い夢から醒めませんように・・・

夢の島での出会い
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-25 10:55 | 旅のおはなし | Comments(16)

エーゲ海に溶け込む ミコノス編。

f0060585_19342072.jpg


f0060585_19363958.jpg
まずはミコノス島のおはなし。
嘘みたいに真っ青なエーゲ海を眺めながらとる朝食。
そのあと ホテルの3人乗りブランコで
海を眺めながら のんびりゆらゆら・・・
それが 毎朝の日課。

ときどき空と海の青を見て目を休めたくなるほど
白が眩しい ミコノスタウン。
迷路のような小道を どんどん進むのが楽しい。
ほんとうに迷子になりかけました。)


f0060585_19371491.jpg  
  ラフな塗りで仕上げている 青いドアや
  かわいいメニューにときめき
  歩き疲れたら お土産屋さんでハンターと化す。

f0060585_1939890.jpg

旅の初日。 カワイイかごを買いました。
自分用と 娘用。
2つ合わせて25ユーロ。安っ。
f0060585_19415814.jpg

空を泳いでいるような 心地よいプール。
風車を見ながらの海。
火照ったカラダを冷やした頃 やわらかい夕陽に包まれる。

f0060585_19445942.jpg

南の島で見る夕陽は なんでこんなにもやわらかいんだろう。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-21 12:28 | 旅のおはなし | Comments(10)

おいしいだらけのギリシャ旅

f0060585_2248455.jpg10年ほど前。「いつかハネムーンで行くぞ!」 と心に決めたほど憧れたギリシャのミコノス&サントリーニ島。
ついに行ってきました!

2000枚(!)の写真と想い出に 包まれて
思いきり 旅の余韻に浸っています。
夢のような旅のおはなしは またゆっくりと。
まずは ギリシャのおいしい話。
f0060585_22505377.jpg

f0060585_22502960.jpg食事のとにかくおいしいこと!これはウレシイ誤算。
野菜もシーフードも新鮮で バリエーションも豊富!
味付けの感覚も日本人好みで 
飽きるどころか まだまだ食べ続けたいくらい。
ワインも地酒も どこの何を飲んでもおいしい!

食前酒のウゾ。これまたウマイのです。

f0060585_22525128.jpg
サントリーニ島では ワイナリーを訪問。
エーゲ海を眺めながら地ワインとチーズを愉しめるなんて
夢のよう。試飲だから きっと小さいグラスだろう、と
12杯の試飲セットを注文した私達。
まさか 普通のグラスワインサイズで出てくるとは!

f0060585_22544228.jpg

でも どれもそれぞれ美味しくて すっかり飲み干したのでした。ブイv(^u^)v

ギリシャ人は虹を知らない?
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-18 15:56 | 旅のおはなし | Comments(26)

リコッタdeニョッキ作り&持ち寄りランチ会

お芋のモコモコとしたニョッキは苦手だけど
f0060585_2333432.jpgリコッタチーズで作る さっぱりニョッキならwelcome! なダディ。
Ricoとふたりで混ぜ混ぜコネコネ。
これまたたのし。
あっという間に枝豆とパンツェッタソースのニョッキ出来上がり☆

f0060585_2341732.jpg

このニョッキにはさっぱり白かな。と
1997年のアルザス白ワインを開けてみる・・・

*%@#〇!

貴腐ワインのようなトロミ。それでいて辛口。
うっまぁ~~~~☆

「おいしいね」の笑顔の花がわが家に咲き乱れていました。

夏野菜たっぷりの持ち寄りランチ会★
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-08 19:37 | 料理&パン・お菓子作り | Comments(2)

ルクセンブルグでBBQ

Ricoが1年半通ったフランス語レッスン。
とてもお世話になった先生カップルが
昨年同様 今年もBBQに招待してくれました。
3世帯で 先生の住む隣国ルクセンブルグへGo!

f0060585_2143755.jpg
f0060585_2141011.jpg

その日も30度を越える夏日。
大人も子供も汗をかきかき 広大なお庭でBBQ。
f0060585_2185236.jpgフランス語と日本語と英語が飛び交うなか
大人は自家製サングリア→ロゼワイン→赤ワインを愉しみ
子供はお庭の遊具(まるで公園!)で元気にかけまわり
庭に成ってるグロゼイユをつまみ喰い。

9歳のColineちゃんと意気投合して
お泊りをせがまれたRico。
次回のお泊りアポイントも取り、また近いうちに訪れることになりそうです。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-08 19:12 | おでかけ日和 | Comments(4)

から揚げ色でパンダのにおい。の正体

答えは ダディ。(爆) by Rico

確かに やや地黒のダディは
小麦色でも茶色でもない 正にから揚げ色なのだ。

「ダディはパンダのにおいがする。」と言って
私を抱腹させたのは 5歳の頃。
ある白ワインの香りを「おにぎりのにおい」と例えたり
Ricoの嗅覚、いや発想は なかなかユニーク。

このまんま 既定概念にとらわれることなく
感性豊かにRico語録を生み出してほしいと密かに願うのです。

f0060585_8205053.jpg

              ↑ から揚げ色に追いかけられるRico。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-06 08:24 | 娘のおはなし | Comments(2)

ていねいな暮らしの修行中

『ていねいに暮らしたい。』

いつもそう思ってます。
『きっちり』じゃなく 『ていねい』な暮らし。

たとえば料理。
手際よくチャチャッと作るよりも時間をかけてゆっくり料理するのが好き。
キッチンにゆっくり立てる時間は とても贅沢。f0060585_232360.jpg

買ってきた野菜や果物を きれいに洗って
保存瓶やタッパーに。
ラディッシュは 赤と緑が元気にしてくれる。
チーズは最低3種類は常備。
冷蔵庫をあけて瓶たちがお行儀よく並んでいるとニンマリ。

洗い立てのカーテンのpureな白。
入ってくる風まで気持ちよさそう。
シャツにアイロンをかけていると
隣におもちゃのアイロンセットを持ってきてRicoもマネっこ。
ふたり並べば アイロン掛けも楽しいひとコマ。

f0060585_2371914.jpg 
生活に彩りを与えてくれる植物たちもわが家の一員。
グリーンと会話するように水遣り。
いつの間にか Ricoもマネっこしてる。
朝顔のツルは 2m 突破!

忙しいのは苦手。
その忙しさを言い訳にするのはもっと苦手。
忙しさに負けそうなときは 足をとめてTeaタイム。
寄り道のように見えて 実は近道だったりする。

日々の小さなひとコマも楽しむ暮らしが
私と娘の 今 と これから を作る。
ダラダラ過ごすも 1日。
ていねいに暮らすも 1日。
キラキラは きっと 当たり前の毎日の中にゴロゴロ転がっている。
[PR]
by Coeur-de-Lyon | 2008-08-04 15:14 | 暮らし&気持ち | Comments(10)

カフェみたいな絵付け教室 ポーセリンサロン nicotto 主宰。自分色で彩る暮らし 時々花あそび


by 香緒里
プロフィールを見る